個人再生と自己破産の違いを分析リサーチ

MENU

個人再生と自己破産の違いを比較※分析リサーチ

借金を抱えることで少額か多額かの負債によって債務整理の方法は変わります。それだけではなく現在の生活困窮度合いによっても決められる場合もあります。ここではどちらかを選択しなければならない状況に追い詰められている方のために個人再生と自己破産の違いを分析リサーチしてみました。この比較であなたにあった債務整理を決めることができるのではないでしょうか。

 

『個人再生を選ぶ』

住宅ローンを除いた負債が5000万以下で将来的に一定の収入が得られる人や法人が申し立てをすることができます。破産することなくマイホームを残すことができるとあって多くの人がこの方法によって再生の道へと開くことができるようです。

 

全額免責とはなりませんが最高で債務の5分の1までに免責となることもあります。計画案をたて債権者との合意がされればその通りに返済していきます。デメリットとしては支払いを滞ってしまうと貸金業者側より裁判所へ再生計画案の取り消しの申立をされ借金がもとに戻ってしまうことがあります。ですのできちんと決められた通りに返済していかなければなりません。

 

『自己破産を選ぶ』

借金の額に関わらず、債務者が返済できず生活するのに困窮している場合に行われます。債務整理のなかでは、次はないと思って選択しなければならないとも言われています。債務は全額免責となり借金苦から解放され新たな生活へと踏み出すことができることとなっています。多いときでは1年間に25万件の人がこの方法によって救われたとも言われます。

 

近年では減少はしているものの自己破産を選択する人は多くいます。他の債務整理ですと一定の収入が条件となっていますが、この場合では一切ありませんので最後の手段として広く知られています。しかし借金ゼロとなる大きなメリットの代わりに失うものがあるのも当然のことであります。

 

住宅がある場合はもちろん競売にかけられ手放すことになります。その他にも生活に必要な現金や物を除いた価値のあるものは管財人のもとへ渡り債権者へ分配されます。

 

このように個人再生と自己破産を比較してみると大きな違いがあるのが分かったのではないでしょうか。この2つの共通するところをあげてみると両方とも今後の生活の立て直しをするための借金整理といえるのではないでしょうか。そしてデメリットとしては信用情報に事故として記載されますので社会から信用をなくしてしまうことが同様として考えられます。

 

いずれも自身にあった債務整理を考えなければなりません。そのためにも一人で決めるのではなく法律の専門家である弁護士や司法書士に相談してみましょう。そうすることで的確なアドバイスとサポートにより次へのスッテプを踏み出すことができるといえるでしょう。