いろいろある借金返済方法

MENU

いろいろある借金返済方法※コレは覚えておきたい

負債が多額となり返済が困難となってしまったときには法的手段である債務整理を行う方法が一般的となっています。それによって借金が減額されたり全額免責となったりと様々なメリットがあり、借金地獄から解放され第二の人生を歩むことができるようになるようです。

 

しかし、その反面デメリットも覚悟しなければなりません。共通して言えることは一定の期間お金の借入ができなくなります。そのため住宅を購入しようとしてもローンを組むことができませんので、しばらくは諦めなければなりません。その他には会社にしても信用を失うため融資を受けることが難しくなることも考えられます。

 

そんな時には債務整理をしなくてもいろいろな借金返済方法があるのではないかと思うところではないでしょうか。ここでは法的手段の他にある借金返済の方法を検証してみました。

 

《マンション売却によって借金返済》

会社経営のため信用が第一と考える人もいます。自身が所有しているマンションを売却することによって売ったお金で債務を返済するということも考えられます。家を失っても信用を守りたいという人の返済方法となります。

 

ローンが残っている場合では任意売却によって住宅の支払いの負担をなくしその他の債務への返済にまわすことも可能となります。しかし住宅の支払いがどれくらいか、またはいくらで売却できるか見極めも重要となってきます。

 

任意売却とは? 住宅ローンを組みマイホームを購入したものの返済が困難になったときに家を売ることを言います。売ったお金はローン会社へ支払われます。それでも不足しているときには分割にして返済していかなければなりません。

 

《やりくり上手に借金返済》

主婦やパートでの借金を抱えている人はかなりいるようですが、その誰もが債務整理をするわけではありません。彼女なりの返済の仕方があるようです。まず、上手くお金を借りることが大切なことのようです。借りる金額は次の月にきちんと返済できる金額しか借入をしないということを徹底しているようです。

 

そしてリボ払いではなく一括での支払いで返します。生活費の不足を補うために借金をする人が多くなってきていることでさほど高額な借入をすることがないときにはこのように計画的に借金をして返すとの繰り返しをしている方もいるようです。

 

《コツコツ借金返済》

クレジットカードを持っている人は当たり前の時代となっており1枚と言わずに3・4枚などざらなのではないでしょうか。そのカードを上手く使いこなすことで返済を滞ることなく返していくことができるようです。しかし何も考えずにただお金を引き出していれば、それこそ借金苦にはまってしまいますので気をつけなければなりません。枚数にもよりますが1枚はお金を借りるカードともう1枚は返済ようと何枚かをそのように使い分けることで滞納することはないようです。

 

しかしこの場合も計画的な借入と返済をしなければなりません。そして1年に1回または、2回でもまとまった収入があることを条件とします。例えば本人のボーナスとか、家族の収入などに見込みがあることでまとめて返済することも大切となります。

 

このように様々な借金返済方法がありますが、自身の債務状態や生活の状況によっては債務整理を選択しなければいけないことにもなります。手遅れになればそれだけデメリットも増えてくることもありますので早めの決断も必要となります。一人で決めるのではなく弁護士や司法書士に一度相談してみましょう。そうすることであなたにあった解決方法を見つけることができると言ってもよいのではないでしょうか。