破産名簿や官報って何?

MENU

破産名簿や官報って何?意味を検証

自己破産をすることでのデメリットとしてよく『官報に載る』と、どのサイトを見ても載っていることと思われます。しかし意外にも知られていないのが『破産名簿』ではないでしょうか。聞いたことがあっても官報と同様に考えている人もいるのではないでしょうか。ここでは自己破産することで破産名簿や官報に記載されしまうこととはどのような意味をするのか検証してみました。

 

《破産名簿とは》

破産者の本拠地の市区町村役所で破産の事実が記載されている名簿のことを言います。自己破産の手続きをすることで破産者となり裁判所が役所へ通知をだします。しかしそれには免責不許可となった人のみの記載となります。

 

①何の目的で閲覧するのでしょうか?
公的な身分証明や資格・免許などを習得するときに申請者が破産者であるかの確認するために見ることがあります。その他には税金や国民健康保険などを滞納している人がいる場合その人が破産者であるか調べることによって閲覧することもあるようです。

 

②誰でも見ることはできるの?
非公開となっており一般の市民が見ることはできません。役所での一定の人物によって管理されています。

 

③いつまで記載されているのでしょうか?
免責の許可を得ることで削除されます。

 

《官報とは》

法律、政令、条約等の公布をはじめとして国の機関としての諸報告や資料を公表する国の広報紙となります。

 

①誰でも見ることはできるの?
インターネットや図書館などで閲覧することができます。

 

②どのような人が見る?
破産者の名前や身元不明の死亡者の情報、会社関係での合併や倒産や起業などの様々情報が載っています。ですので金融関係や不動産関係、法律の専門家などが閲覧することが予想されます。

 

破産者の名前が記載されるのは自己破産の申立をして破産手続きの開始決定がされた後と免責の許可がされたときの2回、官報に記載されることになります。一般の人では見る機会もほとんどありません。そしていつ載るかは明確となっていませんので破産した事実を官報によって知る人は少ないと思われます。

 

このように破産名簿と官報には大きな違いがありますが、どれも自己破産した事実を知られてしまう可能性は低いと思っていても良いといえるのではないでしょうか。