家族に知られる可能性は高い

MENU

自己破産は家族に知られる可能性は高い

借金を抱え込むと生活も苦しく精神的に追い込まれ辛い日々を送ることになるのではないでしょうか。特に多額の債務となればなおさらのことのようです。そこで家族がいる場合に債務整理を考えたときに方法によっては、一人だけの問題として整理することができなくなることも考えられます。ここでは自己破産は家族に知られる可能性は高いのかを検証してみました。

 

《自己破産と家族問題》

①裁判所へ申し立てをする際には様々な書類が必要となります。そのなかには家族の収入がある場合にはその給料明細書も用意する場合もでてきます。あなたが家族の明細を管理しているなら問題はありませんが、そうでなければ何らかの理由を付けてもらう必要があります。

 

②貸金業者によっては債務を家族へ請求することがあります。違法行為ではありますが、そのときには借金をしていることがバレてしまうことは確実ではないでしょうか。そして、督促の電話や催促の手紙などで知るケースも多いようです。とにかく知られたくなかったら早めに金融業者へ返済が遅れることを伝えましょう。それから弁護士などに依頼することで催促の請求はなくなりますので気づかれずに済む場合もあります。

 

③持ち家の場合、名義が債務者であれば失うことになりますので家族には正直に話をする必要がでてくるのではないでしょうか。しかし自分名義でなければ手放すことはありませんので安心してもよいでしょう。

 

④ローンを組むことができないので大きな買い物ができなくなり不振に思われることも考えられます。

 

家族のうちの一人が自己破産をする際に内緒でできるケースもあれば、知られてしまうこともあるようです。例えば大黒柱である旦那さんが債務を負っていれば、たいていは名義となっているものがほとんどとなり、家や土地、車なども失うことになります。ですから家族に話をして理解してもらうことが大切となります。破産後に住宅ローンを組もうとしても審査に通らず諦めなければいけません。

 

しかし、これが奥さんの立場であり名義が夫となっていれば手放すこともなく意外に知られずにできるケースもあるようです。いずれも法律の専門家に依頼することで秘密厳守としておこなってくれますが完全に知られないように最後までできるとは保証はありませんのでそのときには覚悟しとくことも必要となります。

 

この結果、自己破産は家族に知られる可能性は高いとしても立場的に考えると防げる場合もあるように思えます。しかしこの方法は次はないと思わなくていけませんので、今後の見直しとともに反省の意味も込めて家族に正直に話をしたほうが良いと思われることもあるのではないでしょうか。内緒でいるよりも協力をしてもらったほうがこれからの生活でも不安なく暮らすことができることとなるはずです。