自己破産したら車ローンはどうなる?

MENU

自己破産したら車ローンはどうなる?なくなるの?

近年では車の所有率も一家に1台、2台は当たり前となっております。車離れということも言われてはいますが、交通手段としては必要不可欠なものとなっています。しかし最近では債務によって手放さなければならないという人も増えているようです。特に多額の借金をしておりそのうえ車のローンも残っているケースの人も多くなっているようです。

 

最終的には返済が滞り自己破産を選ぶことになる人では様々な問題にぶち当たることにもなり不安となることが多いことでしょう。ここでは自己破産したら車のローンはなくなるのか疑問に思っている方のために検証してみました。

 

【自己破産 車ローンの行方は?】

まだ支払いが残っているときに自己破産をするとまず車はローン会社が引取りにきます。そして売却することで残額へあてます。それでも債務が残る場合は裁判所で手続きすることで免責の対象となります。ですので破産後は車もなくなりもちろんローンの支払いもなくなります。

 

しかし自動車を購入する際に連帯保証人を付けた場合には支払いは保証人へと請求がいくことになります。換価価値が20万以上あれば車は引き揚げされ支払いだけはしないといけなくなります。

 

『マイカーローンが残っていても車は売れる?』

 

自己破産の前に車を売ってそのお金を返済の足しにと考える人もいます。しかしまだ支払いの途中の物では所有権留保の特約がついていることが多くなっています。それによって、完済するまでは自分のものではなくローン会社の物となります。ですので勝手に売却して現金に換えることはできません。

 

『自己破産後 車を所有することは可能?』

 

自動車の価値によって残すことができますが20万以上の換価となる場合は手放さなければなりません。しかし例外もありその条件によって裁判所の裁量で所有することが認められるケースもあります。

 

◎家族に病気の人がいて、そのため自家用車での送迎を必要とする場合
◎生活を支えるための収入を得るため仕事として車を使用する場合

 

このように何らかの理由がある場合には換価価値があっても失うことを防ぐことができます。