住宅ローンは無くなる?

MENU

自己破産後は住宅ローンは無くなる?

マイホームを購入する場合は長期のローンを組んで毎月の分割での支払いが一般的となります。なかには現金での一括支払いで買うという人もいますが、そうそう見かけることはないのではないでしょうか。そんなときに何らかの理由で借金をし返済できない状況に陥ってしまう人は最近では増えているようです。

 

債務整理のなかで個人再生までは住宅を失うこともなく減額された債務を支払うことになります。しかし、その返済もできない場合ですと最後の手段としての方法を行わなければなりません。ここでは自己破産によって住宅ローンは無くなるのか?疑問に思っている方のために検証してみました。

 

《破産と住宅ローンの関係》

◎自己破産を決断したときにまだ家の支払いが残っている場合には、その金融機関のローン会社によって売却されます。そのお金は残りの残債務の支払いに充てられます。ですので自己破産で住宅ローンは無くなりますがマイホームも失うことになります。

 

◎売却して得たお金は残りのローンに充てられますがそれでもお金が手元に残るケースもあります。そのお金は本人のものとなるものだと勘違いしている人もいるようですが、それは破産管財人のものとなりほかの債権者に分配されることとなります。

 

◎売ったお金を充てたとしてもそれでも残債がある場合には免責となりもちろん支払う必要はありません。

 

*競売にかけられた家は売却され買い主が決まるまで住み続けることができます。早ければ1年以内の間となりますが、遅い場合では何年もかかることもあります。ですのですぐに次の移住先を決めることもありませんので余裕をもって探すことができます。

 

しかし、どのみち自己破産をすることで住宅ローンがある、ないに限らず持ち家を手放すことになります。それを回避したいのなら別の方法である個人再生を選択することが望ましいかと思われます。しかしそれには債務の金額やこれから計画案にそって返済できるかがカギとなります。

 

ですので一人で悩んで決めるのではなく法律の専門家である弁護士や司法書士に相談してみましょう。そうすることで、もしかしたら家を失わずに再生の道が開けることができるかもしれません。