取り立てが苦しいなら

MENU

借金の取り立てが苦しいなら

借金をする人のなかでは取り立てによって精神的に辛かったという声を耳にします。返済したくてもできない罪悪感などもあるようです。しかし一番は繰り返しの催促の電話や督促状が何度も届いたりすることのようです。債権者が1社か2社の場合ではそうでもないようですがこれが多数となると毎日のようにどっかしらからの取り立てが見られるようです。

 

そして金融業者によっては違反行為にギリギリのことをすることもあり、かなりのストレスとなるようです。昔のようなヤクザ風なおじさんが家のなかに入り込んで騒ぐことはありませんがそれでも計り知れない恐怖を感じるという人もいるようです。ここでは取り立てが苦しいと感じたときの対処法を紹介します。

 

《多重債務の取り立て》

 

たくさんの債権者がいる場合では早めの対処が必要となります。法的手段である債務整理をすることで取り立ての行為はSTOPすることになります。自分で手続きをするよりも弁護士や司法書士に依頼することでその日のうちにとまります。

 

これは取立規制の一つで裁判所への手続きをして債権者がわにその通知が届いたそのときから取り立ての行為はしてはいけないことになっています。専門家の場合も同じで受任することで、すぐに電話をし止めることができます。

 

《少数の貸金業者の場合》

 

貸金業者が少ない場合は支払いが滞りそうなときに、いつまでに返済が可能ということを伝えることで電話や手紙での督促はこなくなりますので1本の電話で対処ができます。しかしこの場合はきちんと支払いができる状況のときしかできません。お金を返すことができない状態となりそのままにしていれば取り立ても厳しくなりますので債務整理などの方法を考えなくてはいけません。

 

《悪質な取り立ての対処》

 

大きな声で叫んだり罵声をあげたりして威嚇するような行為などもまれに見られるようですがこれは違法となります。本人以外の請求も禁止されています。他にも債務者の立場を保護するために取立規制によって守られていることがあります。規制に違反することで取り立て行為をしたものやその貸金業者は罰せられることになります。

 

警察やまたは依頼している専門家に相談することでほとんど、止めることができるようになるようです。悪質な取り立ては許されるものではありません。毅然とした態度で対処しましょう。