会社倒産からの復活

MENU

自己破産や会社倒産からの復活

近年では日本の起業率は他の国で比較すると少なく5%ほどとなっているようです。中国では場所によっては20人に1人とか10人に1人とか言われているようです。なぜなら以前の貧困の苦しみに比べれば失うものなどなく恐れるものがないということのようです。

 

しかし日本の国は戦後より経済成長も著しくのび生活も豊になった時代を生きているため、それ以上望む人が少なくなったからではないでしょうか。現在の若者たちは、目指すは大企業または安定した公務員が多く一般的に出世や昇任すれば満足という人が増えているようです。。

 

昔は、ハングリー精神をもち自分の力で日本国を良くしたい一心で創り上げた企業は多くありました。今でもこの国を支えているといってもよいのではないでしょうか。現在でも少なからずその野望を持って起業する人はいるのです。しかしこの不況のなか経済回復のかすかな光も見えてきてはいるようですが、会社を設立しては軌道にのることなく倒産してしまうところもあるようです。しかし、その中でも会社倒産から復活する人もいるようです。

 

失敗から学び復活の道へ

 

自己破産への道を余儀なくされ今では財産も何もかも失ってしまったときには、まず過去を振り返りましょう。なぜ倒産をしたのか、なぜ経営が破綻へと追い込まれてしまったのか、わかってはいてもその原因となった発端から追求して見ることで発見することができるのではないでしょうか。失敗したことから多くのことを学ぶことで次への再生の道が開けるというものです。

 

会社倒産から復活を果たすには相当な忍耐が必要となってくるはずです。倒産ということは、ほとんどが破産ということの選択となっている人が多いはずです。そのため信用情報に事故として記載されてしまいますので、世間からも信用をなくし資金源からみても苦労することにもなるのではないでしょうか。

 

しかしその道を乗り越えることで再建へと進むことができるのではないでしょうか。諦めずに自身の意思を貫くことで会社の復活ができると言えます。

 

牛丼の吉野家も倒産はしたが現在では復活を果たした企業の一つでもあります。2009年に拡大戦略などの無計画な無駄遣いにより115億の負債を抱え倒産しています。しかし地道に要因を改善することと債権者の理解のもと再建をすることができたと言われています。